修理実績・症例写真


2.5尺大締め太鼓 胴の割れ補修    2021.5


大締めの胴に横一線の割れがあり、ボンドで修正してある状態で、ビリビリとした音が出てしまう。

差し木という方法で割れの部分に木を咬ませていきます。

(写真:黒く線になっている部分)

クリア塗装を施し、ロープで絞めなおして完成。

ビリビリした音もなくなりました。



1.7尺長胴太鼓 両面張替    2021.5


長年打ち続けた太鼓は表面が薄くなり、革の真中に穴が空いてしまっています。

胴の直径と同じサイズの革を作成し、丁寧に張っていきます。

革が引っ張れる、ギリギリのところまで引くと、太鼓の芯を貫くような良い音が出ます。

 



2.0尺長胴太鼓 片面張替    2021.1



延享元年(1744年)

8代将軍 徳川吉宗の時代

---------------------------------------------

地元のお寺様から革の張替のご依頼をお受けしました。

享和四年(1804年)

11代将軍 徳川家斉の時代

---------------------------------------------

胴の中には、びっしりと歴史が刻まれており、読み取れる中で古いものから掲示しております。

 

天保二年(1831年)

12代将軍 徳川家慶も時代

---------------------------------------------

これだけの歴史が刻まれている太鼓は非常に珍しく、とても貴重なものです。



1.6尺長胴太鼓 胴削り塗装 両面張替    2020.5


1.6尺の胴にかなり目立つ大きな傷があります。

革と釻を外し、胴全体を削りなおした後、塗装をします。

もともと付いていた釻を付け直し、両面とも新品の革を張りなおしました。

 



6尺大締太鼓 片面張替    2020.4~


6尺大締め太鼓の片面に大きな穴が空いています。

 

6尺のリングに2人がかりで、革を張っていきます。

直径180㎝もあるため、大変な作業です。

 

革を引っ張り終わった後、縫い合わせをし、ロープ穴を通し、乾燥させれば完成!



信州型桶胴太鼓 胴削り塗装 両面張替    2019.8~


革、胴、調べ、全てが経年劣化により傷んでいる状態。

バラした時の胴割れの補修も必要。

胴削り塗装の後、特注で革を縫い、調べも新品にました。

 



唄口の修理    2016.10~


唄口の部分に大きく削られたような破損がみられる。

破損部を加工し、胴と同じ木材を埋め込み、接合する。

 

表面を胴と同じ色に仕上げる。

唄口の修理完了!



唄口の修理    2008.12~


唄口の部分がささくれのような状態でボロボロ。

破損部を広く切り出し、接合用のダボ穴を数カ所に空ける。

(接着強度を増すため)

 

出来るだけ胴と同じ固めの木材を埋め込み、接合する。

唄口の修理完了!



ご注文・お問合せ


ご注文・お問合せ等以下のフォームに記入していただくか、下記までご連絡ください。

御見積が書面にて必要な方も、対応いたします。ご相談ください。

 

㈱まつり工房

TEL:0265-78-6662

FAX: 0265-76-5575

 

E-mail: mail@matsuri-kobo.com

 

メモ: * は入力必須項目です


【代引き手数料に関して】

 

商品代金 1円~9999円 → 手数料330円(税込)

商品代金 10000円~29999円 → 手数料440円(税込)

商品代金 30000円~99999円 → 手数料660円(税込)

商品代金 100000円~300000円 → 手数料1100円(税込)

 

商品代金(税込) + 代引き手数料(税込) を運送ドライバー様にお支払い下さい。