■やぐら横打ち

  難易度の見方  』・・・初心者でもOK!  『 ★★ 』・・・初級者  『 ★★★ 』・・・中級者  『 ★★★★ 』・・・上級者


ドドン

【やぐら横打ち】

★★~

少々なじみの薄い裏ノリのこの曲は、波乗りのリズム。どこまでも登りつめていくような高揚感が魅力です。
(2001年7月 編曲/中森道子)



荒波

【やぐら横打ち】

★★~

低めのやぐらに太鼓をのせ、でんでん太鼓のように身体の回転を利用して打ちます。この打法には他にも様々ありますが、そのための身体の流れと態を作るのに最適な曲です。
(1989年8月 作曲/北原永)
※教則DVD(楽譜付き)有り。1本1000円(税込)



鬼『おんに』

【やぐら両面横打ち】

★★★★~

岩手県の鬼剣舞、御陣乗太鼓など、日本人の『鬼』がテーマ。身体の動きの中に打点がくるため、太鼓との一体化が必要です。相当練習しなきゃ打てません。
(1994年7月 作曲/北原永)



HANA-HANA-花火

やぐら両面横打ち+平打ち(3面打ち)

★★~

右にも、左にも、下にも、あっちこっちに太鼓のあるこの曲は、動きやすい、身体の方向の癖があることに気づかされる。右、左、下と、自在にドカドカ打ち鳴らすことが出来るようになれば、怖いものなし。身体にスイッチを入れましょう。
(2010年12月 作曲/中森道子)